読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無限大な夢のあと

テニスとアニメが大好きな厨二病SEのブログ

【書評】AngularJS アプリケーションプログラミング

今回もWINGSプロジェクト様( @yyamada )の書籍レビュアーに応募させていただき書評を書かせていただくことになりました。
WINGSプロジェクトの皆様、著者の山田様ありがとうございます。
今回は表題にもある以下の書籍を献本していただきましたので、こちらのレビューをさせていただきます。

AngularJS アプリケーションプログラミング

AngularJS アプリケーションプログラミング

私のAngularJSの理解度ですが、元々実務でのフロントエンドでの開発経験は乏しく、当初は個人的にドットインストールやAPIレファレンスを参考に最初は勉強していた程度になっています。
AngularJS入門 (全12回) - プログラミングならドットインストール
AngularJS入門 | AngularJS 1.2 日本語リファレンス | js STUDIO

上記で簡単に勉強した後に、実際にRailsと連携しようとして以下の記事を参考にして画面開発に取り組んではいました。
ただ、AngularJSがよくわかっていないこともあり、実際に開発を進めていくと実現したいことができなかったり、JavaScriptの理解度も低いことも関係してうまくデバッグできなかったりしてそのまま挫折してしまっていました。ruby-rails.hatenadiary.com

また、書籍を読んで1から勉強し直そうと思い、以下の書籍を手にしたのですが、実現したい機能を実装するにはどうすれば良いかどこを読めばいいかわからずという状況でした。

AngularJSリファレンス

AngularJSリファレンス

リファレンスということもあり詳細に記載はしてある部分はすごく良かったのですが、導入の1冊目としては私にとっては厳しかったです。
ただ、2章のビルドインディレクティブまでしか読んでないからそう感じたかもあるかもしません。。


今回の書籍レビューア応募により、本格的にまた勉強し始めるきっかけを作ることが出来ました。
ありがとうございます。

ここから書籍レビューに入らせていただきます。
目次を読み、最初の導入まで読み切った時点の感想としては、導入の1冊目として最適だということです。
今回も図をふんだんに使用してくれているおかげで理解の助けにもつながっています。
個人的にはまず全体感をつかむ意味で、第2章のAngularJSの基本の章はとても勉強になりました。
第3章 ディレクティブ~ 第6章 スコープオブジェクトに関しては、実現したい機能を実装するにはという観点で読むと、内容が頭にすっと入ってきやすかったです。
また、特筆する点としては、テストについても内容に含まれていることです。
UnitTestレベルはもちろんのこと、モックを使ったテスト、E2Eテストまで記載されているのを見て、感動しました!
対象プロダクトの性質にもよりますが、E2Eテストまでしっかり作ることにより、保守・運用の負担が減ると思うのですが、その環境を作ったりテスト記載するのも大変なので、AngularJSの書籍の中でもこのようにしっかり書いてくれていたりすると助かります。
また、関連するライブラリの話でも、YoemanやBower、Gruntについて記載されていたのも、初学者にとても参考になると思いました。
私自身は1-2度使ったことありますが、Webの記事の方法をならって実施しただけなので、自分の理解の浅さを感じました。

AngularJSを始めの1冊としては、強くオススメできる1冊となっているので、ぜひ皆さんも購入して活用してみてください。


以上、レビューとさせていただきます。
最後に恒例ですが、目次も紹介させていただきます。
以下のページから引用させていただきました。
http://www.wings.msn.to/index.php/-/A-03/978-4-7741-7568-3/


第1章 イントロダクション
1.1 JavaScript の歴史
  1.1.1 不遇の時代を経てきた JavaScript
  1.1.2 復権のきっかけは Ajax、そして HTML5 の時代へ
  1.1.3 JavaScript ライブラリから JavaScript フレームワーク
1.2 フレームワークとは?
  1.2.1 フレームワークの本質
  1.2.2 フレームワーク導入の利点
1.3 JavaScript で利用可能なフレームワーク
第2章 AngularJS の基本
2.1 AngularJS を利用するための準備
  2.1.1 AngularJS アプリの実行
  2.1.2 補足:オフライン環境で AngularJS を動作する
2.2 コントローラー/サービスの基本
  2.2.1 コントローラー/ビューの連携
  2.2.2 コントローラー/ビューの連携 - オブジェクト配列
  2.2.3 サービスへの分離
2.3 AngularJS を理解する 3 つのしくみ
  2.3.1 モジュール
  2.3.2 DI コンテナー
  2.3.3 双方向データバインディング
第3章 ディレクティブ
3.1 ディレクティブの基本
  3.1.1 ディレクティブの記法
3.2 バインド関連のディレクティブ
  3.2.1 バインド式を属性値として指定する - ng-bind
  3.2.2 Angular 式による画面のチラツキを防ぐ - ng-cloak
  3.2.3 データバインドを無効化する - ng-non-bindable
  3.2.4 HTML 文字列をバインドする - ng-bind-html
  3.2.5 テンプレートをビューにバインドする - ng-bind-template
  3.2.6 数値によってバインドする文字列を変化させる - ng-plurlize
  3.3 外部リソース関連のディレクティブ
  3.3.1 アンカータグを動的に生成する - ng-href
  3.3.2 画像を動的に生成する - ng-src/ng-srcset
  3.3.3 補足:iframe/object などで別ドメインのリソースを取得する  
  3.3.4 別ファイルのテンプレートを取得する - ng-include
  3.3.5 インクルードするテンプレートを先読みする - script
3.4 イベント関連のディレクティブ
  3.4.1 イベント関連の主なディレクティブ
  3.4.2 イベント情報を取得する - $event
3.5 制御関連のディレクティブ
  3.5.1 要素にスタイルプロパティを付与する - ng-style
  3.5.2 要素にスタイルクラスを付与する - ng-class
  3.5.3 式の真偽によって表示/非表示を切り替える(1) - ng-if
  3.5.4 式の真偽によって表示/非表示を切り替える(2) - ng-show/ng-hide
  3.5.5 式の真偽に応じて詳細の表示/非表示を切り替える - ng-open
  3.5.6 式の値によって表示を切り替える - ng-switch
  3.5.7 配列/オブジェクトをループ処理する - ng-repeat
  3.5.8 偶数/奇数行に対してだけスタイルを適用する - ng-class-even/ng-class-odd
  3.5.9 モデルの初期値を設定する - ng-init
3.6 フォーム関連のディレクティブ
  3.6.1 入力ボックスで利用できる属性 - input/textarea 要素
  3.6.2 フォーム要素の値が変更された時の処理を定義する - ng-change
  3.6.3 ラジオボタンを設置する - input(radio)
  3.6.4 チェックボックスを設置する - input(checkbox)
  3.6.5 チェックボックスのオンオフを切り替える - ng-checked
  3.6.6 選択ボックスを設置する - select(ng-options)
  3.6.7 テキストボックスの内容を区切り文字で分割する - ng-list
  3.6.8 フォーム要素を読み取り専用/利用不可にする - ng-disabled/ng-readonly
  3.6.9 フォームの状態を検知する
3.7 その他のディレクティブ
  3.7.1 メッセージの表示/非表示を条件に応じて切り替える - ng-messages
  3.7.2 モデルの更新方法を設定する - ng-model-options
  3.7.3 Content Security Policy を利用する - ng-csp
  3.7.4 要素の表示/非表示時にアニメーションを適用する - ngAnimate
第4章 フィルター
4.1 フィルターの基本
  4.1.1 テンプレートからのフィルター利用
  4.1.2 JavaScript からのフィルター利用
4.2 文字列関連のフィルター
  4.2.1 文字列を大文字⇔小文字に変換する - lowercase/uppercase
  4.2.2 オブジェクトを JSON 形式に変換する - json
  4.2.3 URL/メールアドレスをリンクに整形する - linky フィルター
4.3 配列関連のフィルター
  4.3.1 配列をソートする - orderBy
  4.3.2 例:ソート可能なテーブルを作成する
  4.3.3 配列の件数を制限する - limitTo
  4.3.4 配列を特定の条件で絞り込む - filter
4.4 数値/日付関連のフィルター
  4.4.1 数値を桁区切り文字で整形して出力する - number
  4.4.2 数値を通貨形式に整形する - currency
  4.4.3 日付を整形する - date
第5章 サービス
5.1 サービスの基本
5.2 非同期通信の実行 - $http サービス
  5.2.1 $http サービスの基本
  5.2.2 HTTP POST による非同期通信
  5.2.3 JSON 形式の Web API にアクセスする
  5.2.4 非同期通信時のデフォルト値を設定する
5.3 HTTP 経由での CRUD 処理 - $resource サービス
  5.3.1 サーバーサイドの準備
  5.3.2 クライアントサイドの実装
  5.3.3 resource オブジェクトの生成
  5.3.4 アクションの実行
5.4 ルーティング - $routeProvider プロバイダー
  5.4.1 ルーティングの基本
  5.4.2 $routeProvider.when メソッドのパラメーター
  5.4.3 例:決められたルールで別のルートにリダイレクトする
  5.4.4 例:コントローラーの処理前に任意の処理を挿入する
5.5 標準オブジェクトのラッパー
  5.5.1 指定された時間単位に処理を実行する - $interval サービス
  5.5.2 指定時間の経過によって処理を実行する - $timeout サービス
  5.5.3 ページのアドレス情報を取得/設定する - $location サービス
5.6 Promise による非同期処理 - $q サービス
  5.6.1 Promise の基本
  5.6.2 非同期処理の連結
  5.6.3 例:現在地から日の入り時刻を求める
  5.6.4 複数の非同期処理を監視する
5.7 その他のサービス
  5.7.1 クッキーを登録/削除する - $cookies/$cookiesProvider
  5.7.2 開発者ツールにログを出力する - $log/$logProvider
  5.7.3 アプリ共通の例外処理を定義する - $exceptionHandler
  5.7.4 非 AngularJS アプリで AngularJS のサービスを利用する - $injector
  5.7.5 モバイルデバイスへの対応 - $swipe(ngTouch)
5.8 グローバル API
  5.8.1 AngularJS の現在のバージョン情報を取得する - version プロパティ
  5.8.2 オブジェクトが等しいかどうかを判定する - equals メソッド
  5.8.3 変数の型を判定する - isXxxxx メソッド
  5.8.4 文字列を大文字⇔小文字に変換する - lowercase/uppercase メソッド
  5.8.5 JSON 文字列⇔ JavaScript オブジェクトを変換する
  5.8.6 配列/オブジェクトの要素を順番に処理する - forEach メソッド
  5.8.7 オブジェクト/配列をコピーする - copy メソッド
  5.8.8 オブジェクト同士をマージする - extend/merge メソッド
  5.8.9 jQuery 互換オブジェクトを取得する - element メソッド
  5.8.10 AngularJS アプリを手動で起動する - bootstrap メソッド
  5.8.11 this キーワードのコンテキストを強制的に変更する - bind メソッド
  5.8.12 空の関数を取得する - noop メソッド
  5.8.13 デフォルトの関数を準備する - identity メソッド
第6章 スコープオブジェクト
6.1 スコープの有効範囲
  6.1.1 有効範囲の基本
  6.1.2 複数のコントローラーを配置した場合
  6.1.3 コントローラーを入れ子に配置した場合
  6.1.4 入れ子となったコントローラーでの注意点
6.2 コントローラー間の情報共有
  6.2.1 親コントローラーのスコープを取得する - $parent
  6.2.2 アプリ唯一のスコープを取得する - $rootScope
  6.2.3 イベントによるスコープ間のデータ交換
  6.2.4 並列関係にあるスコープでイベントを通知する
  6.2.5 補足:標準サービス/ディレクティブでの $broadcast/$emit イベント
6.3 スコープの監視
  6.3.1 スコープの変更をビューに反映する - $apply メソッド
  6.3.2 アプリ内データの更新を監視する - $watch メソッド
  6.3.3 スコープの監視を中止する
  6.3.4 複数の値セットを監視する - $watchGroup メソッド
  6.3.5 配列の追加/削除/変更を監視する - $watchCollection メソッド
  6.3.6 補足:$digest ループ
第7章 ディレクティブ/フィルター/サービスの自作
7.1 フィルターの自作
  7.1.1 フィルターの基本
  7.1.2 パラメーター付きのフィルターを定義する
  7.1.3 例:配列の内容を任意の条件でフィルターする
  7.1.4 既存のフィルターを利用する - $filter
7.2 サービスの自作
  7.2.1 シンプルな値を共有する(1) - value メソッド
  7.2.2 シンプルな値を共有する(2) - constant メソッド
  7.2.3 ビジネスロジックを定義する(1) - service メソッド
  7.2.4 ビジネスロジックを定義する(2) - factory メソッド
  7.2.5 パラメーター情報を伴うサービスを定義する - provider メソッド
  7.2.6 より本格的な自作のための補足
7.3 ディレクティブの自作
  7.3.1 ディレクティブ定義の基本
  7.3.2 利用するテンプレートを指定する - template/templateUrl プロパティ
  7.3.3 現在の要素をテンプレートで置き換える - replace プロパティ
  7.3.4 ディレクティブの適用箇所を宣言する - restrict プロパティ
  7.3.5 子要素のコンテンツをテンプレートに反映させる - transclude プロパティ
  7.3.6 ディレクティブに適用すべきスコープを設定する - scope プロパティ
  7.3.7 ディレクティブの挙動を定義する - link プロパティ
  7.3.8 コンパイル時の挙動を定義する - compile プロパティ
  7.3.9 ディレクティブの優先順位と処理方法を決める - priority/terminal プロパティ
  7.3.10 ディレクティブ同士で情報を交換する - controller/require プロパティ
  7.3.11 コントローラーに別名を付ける - controllerAs パラメーター
  7.3.12 複数の要素にまたがってディレクティブを適用する - multi Element パラメーター
7.4 自作ディレクティブの具体例
  7.4.1 タブパネルを実装する
  7.4.2 ng-required 属性の実装を読み解く
  7.4.3 $asyncValidators プロパティによる非同期検証の実装
  7.4.4 例:jQuery UI のウィジェットをディレクティブ化する
第8章 テスト
8.1 テストの基本
8.2 ユニットテスト(基本)
  8.2.1 ユニットテストのためのツール
  8.2.2 ユニットテストの準備
  8.2.3 テストの基本
8.3 ユニットテスト(AngularJS アプリ)
  8.3.1 フィルターのテスト
  8.3.2 サービスのテスト
  8.3.3 コントローラーのテスト
  8.3.4 ディレクティブのテスト
8.4 モック
  8.4.1 タイムアウト/インターバル時間を経過させる - $timeout/$interval モック
  8.4.2 ログの内容を配列に蓄積する - $log モック
  8.4.3 HTTP 通信を擬似的に実行する - $httpBackend モック
  8.4.4 非同期処理における例外の有無をチェックする - $exceptionHandler モック
  8.4.5 タイムゾーン固定の日付オブジェクトを生成する - angular.mock.TzDate オブジェクト
8.5 E2E(End to End)テスト
  8.5.1 E2E テストの準備
  8.5.2 E2E テストの基本
  8.5.3 E2E テストで HTTP 通信を擬似的に実行する - $httpBackend モック
第9章 関連ライブラリ/ツール
9.1 AngularJS アプリで利用できる関連ライブラリ
  9.1.1 Bootstrap を AngularJS アプリで活用する - UI Bootstrap
  9.1.2 標準以外のイベントを処理する - UI Event
  9.1.3 自作の検証機能を実装する - UI Validate
  9.1.4 より高度なルーティングを実装する - UI Router
  9.1.5 ソート/フィルター/ページング機能を備えたグリッド表を生成する - UI Grid
  9.1.6 国際化対応ページを実装する - angular-translate
  9.1.7 AngularJS アプリに Google Maps を導入する - Angular Google Maps
  9.1.8 定型的なチャートを生成する - angular-google-chart
9.2 開発に役立つソフトウェア/ツール
  9.2.1 アプリのひな形を自動生成するツール Yeoman
  9.2.2 定型作業を自動化するビルドツール Grunt
  9.2.3 クライアントサイド JavaScript のパッケージ管理ツール Bower
Column
  アプリ開発に役立つ支援ツール(1) - AngularJS Sublime Text Package
  コントローラーのプロパティにアクセスする - controller as 構文
  アプリ開発に役立つ支援ツール(2) - WebStorm
  AngularJS/JavaScript のコーディング規約
  アプリ開発に役立つ支援ツール(3) - AngularJS Batarang
  Chrome デベロッパツールの便利な機能(1) - Pretty Print
  Chrome デベロッパツールの便利な機能(2) - DOM Breakpoints
  関連書籍「AngularJSライブラリ 厳選108」
  Chrome デベロッパツールの便利な機能(3) - Audits
  JavaScript の代替言語 altJS